ブライダル検診

PRE-MARITAL-CHECK-UP

ブライダル検診(ブライダルチェックとも呼ばれます)では、結婚を控えた女性が安心して結婚生活に入るための、女性の生殖器や健康に関するさまざまな検査や相談を行います。女性の健康を維持し、将来の出産や家族計画に備えるため結婚準備として勧められるものです。

①婦人科検診

子宮や卵巣の状態を確認します。経膣エコーや内診・問診が行われます。

②子宮頸がん検診

子宮頸がんの早期発見を目的とした検査です。

③性感染症検査

性感染症の検査です。

  • ③-1 性感染症おりもの検査(クラミジア、淋菌、トリコモナス、マイコプラズマ、ウレアプラズマ) 性行為を通じて感染する可能性がありますが特に症状がない場合もあります。早期に発見し、治療を行うことが重要です。尿検査や膣の分泌物を調べるための検体を取ることで検査が行われます。検査結果が陽性の場合、適切な治療を提案します。
    ・クラミジア(Chlamydia trachomatis):
    症状: 症状がないことが多いですが、ある場合には尿道炎、膣炎、下腹部痛などがみられます。

    ・淋菌(Neisseria gonorrhoeae):
    症状: 尿道炎、膣炎、喉頭炎などが起こることがあります。

    ・トリコモナス:
    症状: おりものが増えたり、外陰部に強いかゆみが出ることがあります。排尿時の痛みがあることもあります。

    ・マイコプラズマ:
    症状: マイコプラズマ・ジェニタリウムは、尿道炎や膣炎を引き起こすことがあり、性感染症の一種です。

    ・ウレアプラズマ:
    症状: 男性や女性の尿路や生殖器に感染し、炎症を引き起こす可能性があります。

    *マイコプラズマとウレアプラズマは検査・治療ともに保険適応外です。
  • ③-2性感染症血液検査(梅毒、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)、B型肝炎、C型肝炎) ・梅毒(Syphilis):
    梅毒の検査には、梅毒血清試験と梅毒トレポネーマ抗体検査があります。

    ・HIV(ヒト免疫不全ウイルス):
    HIVの検査には、抗体検査とウイルス遺伝子検査(核酸増幅検査)があります。

    ・B型肝炎(Hepatitis B):
    B型肝炎の検査には、HBs抗原(Hepatitis B surface antigen)検査が一般的です。

    ・C型肝炎(Hepatitis C):
    C型肝炎の検査には、抗体検査とウイルス核酸検査があります。抗体検査は血液検査で行われ、陽性の場合、ウイルス核酸検査が追加で行われることがあります。

    ・HTLV-1(Human Tcell Leukemia Virus Type 1):
    ウイルスの一種で、T細胞に感染し、成人T細胞白血病(ATL)やHTLV-1関連髄膜炎症(HAM/TSP)を引き起こすことが知られています。
    性行為、感染血液や母子感染などを通じて広がる可能性があります。

④そのほかの感染症検査

風疹/麻疹/トキソプラズマなど妊娠を考える時に必要な感染症の検査です。
これらの感染症は胎児に対して影響を及ぼす可能性があるため、妊娠前の検査をおすすめします。検査をおこない治療を行うことで、健康な妊娠および赤ちゃんの誕生をサポートできます。

  • ④-1 風疹検査(Rubella): 風疹は特に妊娠初期に胎児に影響を及ぼす可能性があります。もし風疹に免疫がない場合、妊娠前のワクチン接種を推奨します。
  • ④ー2 麻疹検査(Measles): 麻疹もまた妊娠中に胎児に影響を及ぼす可能性がある感染症です。妊娠前に麻疹の予防接種を受けたか、または麻疹に対する免疫があるかどうかを確認します。必要時にはワクチン接種を推奨します。
  • ④ー3 トキソプラズマ検査(Toxoplasma): トキソプラズマ感染は通常は軽症ですが、妊娠初期に感染すると、胎児に重篤な影響を及ぼす可能性があります。トキソプラズマ感染の有無を確認するために、妊娠前の検査をおすすめします。

⑤甲状腺ホルモン検査

甲状腺から分泌されるホルモンであり、女性の月経や妊娠や妊娠の継続にも影響を与えます。甲状腺ホルモンには下記の数種類のホルモンが含まれます。

・甲状腺刺激ホルモン(TSH):
脳の下垂体から分泌され、甲状腺を刺激して甲状腺ホルモンの産生を促します。
・甲状腺ホルモン(T3およびT4):
これらは甲状腺から分泌され、基礎代謝率やエネルギー代謝に影響を与えます。

甲状腺ホルモンに異常がある場合、内分泌学の専門医による治療が必要になる場合があります。

⑥AMH(抗ミュラー管ホルモン)

妊娠を考える時に参考となる検査です。 AMH(抗ミュラー管ホルモン:Anti-Müllerian Hormone)は卵巣で産生され、卵巣の卵胞(卵子を含む小さな袋状の構造)の数を示します。AMHの測定は、女性の卵巣予備能力を評価するのに役立ちます。

⑦女性ホルモン検査(E2 LH FSH)(血液検査)

女性ホルモンの検査は、生殖期の女性の生殖機能や周期の評価ができます。また、異常がある場合は妊娠への影響があります。

・エストラジオール(E2):
エストラジオールは主に卵巣で生成される女性ホルモンであり、月経周期の調節や妊娠、骨の健康維持などに関与しています。 血液中のエストラジオール濃度を測定することで、卵巣の機能や生殖周期の評価が可能です。
・黄体化ホルモン(LH):
LHは卵巣で卵胞の成熟と排卵を促進し、排卵後には黄体形成を助けます。 LHの濃度を測定することで、卵巣の機能や排卵のタイミングを評価することができます。特に排卵検査薬としても使用されます。
・卵胞刺激ホルモン(FSH):
FSHは卵巣で卵胞の成熟を促進し、月経周期の調整に関与します。 FSHの濃度を測定することで、卵巣の機能や月経周期の評価が可能です。高い濃度は卵巣の機能低下を示唆する場合があります。

⑧ハイリスクHPVスクリーニング

ハイリスク型のヒトパピローマウイルス(HPV)は、子宮頸がんなどのがんのリスクを増加させることが知られています。HPVスクリーニングは、子宮頸がんの早期発見や予防のために行われる検査の一つです。

陰性結果と陽性結果:
陰性結果は、HPV感染が検出されなかったことを示します。陽性結果は、ハイリスク型HPVが検出されたことを示し、さらなる検査やフォローアップが行われることがあります。
ワクチン接種との関連:
HPVワクチン接種も子宮頸がんの予防に重要です。定期的なスクリーニングとワクチン接種の組み合わせが、がんのリスクを最小限に抑えます。

⑨腫瘍マーカー(CA125/CA19-9)

腫瘍マーカーは、特定のがんの存在や治療効果を評価するために用いられる血液中の物質です。婦人科領域においても腫瘍マーカーの検査が行われ、CA125やCA19-9がその一例です。

・CA125(Cancer Antigen 125):
CA125は、卵巣がんなどの一部の婦人科がんで増加することが知られています。また、子宮内膜症や卵巣の嚢胞など、がん以外の状態でも上昇することがあります。特に卵巣がんの診断や治療効果のモニタリングに利用されます。
・CA19-9(Cancer Antigen 19-9):
CA19-9は、主に膵臓がんや胃がんなどの消化器系のがんで上昇することが知られています。また、胆管がんや大腸がんなどでも一部上昇することがあります。がんの存在や治療効果を評価するために利用されます。

これらの腫瘍マーカーは、他の疾患や状態でも上昇する可能性があるため、診断の際には他の検査が追加で必要となります。腫瘍マーカーはあくまで参考とされ、異常が見られても必ずしもがんを意味するわけではありませんが異常値の場合は必要に応じてフォローや検査が必要となります。

⑩血液型検査

Rh因子(Rh陰性またはRh陽性)やABO血液型などを確認することにより安全な妊娠を支えるため準備ができます。
ABO血液型:
A型、B型、AB型、O型の4つの主要な血液型があります。妊娠時、母体のABO血液型と胎児のABO血液型が異なる場合、特に母体がO型で胎児がA型またはB型の場合、赤ちゃんが溶血性貧血になるリスクが増加します。
Rh因子(Rh陽性またはRh陰性):
Rh陽性またはRh陰性は、赤血球の表面に存在するタンパク質(Rh因子)の有無を指します。妊娠中、母体がRh陰性で胎児がRh陽性の場合、Rh不適合という状態を引き起こすため予防的にRh免疫グロブリンの投与が行われます。

⑪一般採血(血算/生化学)

一般的な健康状態の評価を行います。
血算:
赤血球、白血球、血小板の数などを測定することにより貧血や炎症、免疫系の異常などが検出される可能性があります。
生化学:
肝機能や腎機能などを評価します。

⑫乳がん検診

乳がんの早期発見を目的とした検診です。
超音波検査・マンモグラフィー検査があり年齢・症状・家族歴などにより推奨される検査が決まります。当院では乳腺専門医による検診をおこない、画像も読影資格保有医師によりトリプルチェックを行っています。

ご費用について

症状や病歴に応じた保険適応の有無やご希望内容によりご負担金額は異なります。ご来院時に医師とともにご希望の項目をお選びいただきます。
結婚のご予定がありブライダル検診をお考えの折には是非ご相談ください。
~当院は女性医師・スタッフのみで診療をおこなっており婦人科・乳腺・皮膚科・美容皮膚科医が協力しながら患者様に対応させていただいております。女性のライフステージで生まれる様々な症状やお悩みに対応させていただき、ご病気の時のみならず、彩りのある人生を送っていただけるような医療の提供を目指しています。~