風しんワクチン

RUBELLA

風しんは予防接種が最も有効な予防方法です。 風しんワクチンもしくはMRワクチンを接種することで95%以上の人が風しんウイルスに対する免疫を獲得することができると言われています。接種後年数の経過とともに免疫が低下してきた人に対しては、追加のワクチン接種を受けることで免疫を増強する効果があります。

風しんとは?

風しんワクチン

風しんは風しんウイルスによっておこる発疹性の感染症です。比較的感染力が強く、飛沫感染でヒトからヒトへ感染します。
成人で感染した場合、高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めるなど小児より重症化することがあります。また、風しんに対する免疫が不十分な女性が妊娠20週頃までにウイルスに感染すると、眼や心臓、耳に障害をもつ先天性風しん症候群のこどもが生まれる可能性が高くなります。

横浜市風しん対策事業

横浜市は風しんの流行と先天性風しん症候群の発生を予防するため、予防接種と抗体検査を実施しています。
    麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン):1回6,600円(税込)
風しん抗体検査:無料(採血検査です。結果が判明するまで2週間程度要します)
対象者:19歳以上の横浜市民
・妊娠を希望されている女性
・妊娠を希望されている女性のパートナー及び同居家族
・妊婦のパートナーおよび同居家族
※MRワクチンもしくは風しんワクチンの接種歴が2回以上ある方は対象となりません。
※横浜市風しん対策事業のご利用は1回限りです。
※実施期間 令和4年4月1日~令和5年3月31日

風しんワクチン接種をご希望の方へ

  • ご予約 LINE・ネット・電話で予約してください
  • 当日持参するもの ・保険証
    ・身分証明書(住所・氏名・年齢を確認できるもの)