わき汗(腋窩多汗症)

SEARCH

わき汗(腋窩多汗症) について

ワキ汗による不快感を緩和するためにはボトックス注射やワキに塗る外用薬があり最近、保険適用も認められています。保険適用の外用薬にはシートタイプとゲルタイプのものがあります。

わき汗治療の保険適応は以下のような症状のある方です。




「局所的に過剰な発汗が、明らかな原因のないまま6ヶ月以上続き、以下の6項目のうち2項目以上にあてはまる症例」の場合、「原発性局所多汗症」と診断することができ、

原発性局所多汗症のうち、脇の汗が主症状となっている症例が「原発性腋窩多汗症(読み方:げんぱつせいえきかたかんしょう)」です。

1.左右対称性に発汗を認める
2.睡眠中は発汗が止まっている
3.週1回以上の多汗のエピソード
4.家族歴がみられる
5.それらにより日常生活に支障をきたしている
6.最初に症状が出たのが25歳以下




加えて、以下の項目の3、4に当てはまる症例のみが「重度の原発性腋窩多汗症」の診断を受けることができます。

1.発汗は全く気にならず、日常生活に支障がない
2.発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
3.発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
4.発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある